敏感肌は化粧水の成分で治る|低刺激の商品で負担を軽減

肌に優しいメイク落とし

鏡を見る女性

潤いを落とし過ぎない

敏感肌とは、化粧品を使った後に肌がピリピリしたり、炎症が起きやすくなっている状態の肌質のことで、その原因である肌の乾燥がトラブルを引き起こします。メイク後の油性の汚れはクレンジングで落としてから洗顔しますが、敏感肌の場合には、刺激が強いものでは余計に肌荒れが悪化することもあるので、クレンジング選びには、ランキングを調べたりして慎重になりましょう。敏感肌のクレンジング売れ筋ランキングの上位に並ぶのは、クレンジングミルクです。添加物や界面活性剤などの肌に刺激を与える成分が使われていないため負担がかからず、肌本来の皮脂を落とし過ぎないという理由から、ランキングでも人気を集めています。洗浄力は高くないものの、水分を多く含み滑らかなので、肌への摩擦が少なくて済みます。

メイクはナチュラルに

ランキングで上位を占めるクレンジングミルクは、初期の敏感肌のクレンジングには向いていますが、洗浄力に優れているわけではないため、目や口元などのポイントメイクには、ポイントメイクリムーバー使って落としましょう。クレンジングミルクで無理に落とそうとして何度も肌を擦るのは肌に負担をかけます。目元などの皮膚は特に薄くデリケートなので、肌はダメージを受けやすいです。そもそも敏感肌には、肌への負担となるメイクは控え目な方が良いです。ナチュラルメイクならば、肌に優しいクレンジング剤で落ちます。洗い過ぎないことがクレンジングの基本なので、ダブル洗顔は不要です。また、肌を擦らないためには、拭き取り用クレンジングも避けた方が良いでしょう。