敏感肌は化粧水の成分で治る|低刺激の商品で負担を軽減

早目に適切なケアをする

鏡を見る女の人

肌はもう若くない

加齢による肌悩みを持っている人は多いです。しかも一つだけでなく複数の悩みがあるという人も少なくありません。加齢を止める事は不可能です。しかし肌の悩みを解決する事は出来ます。エイジングケアとは加齢をケアする事です。加齢による影響を気にしないで済むのは二十代半ば頃までです。そこから先は肌の老化が始まっています。しかし知識はあっても実際にエイジングケアをするのは四十代以降という人がほとんどです。エイジングケアのコマーシャルに出ている著名人にも二十代や三十代の人はあまりいません。エイジングケアは早ければ早いほど効果を実感出来ます。知識があるならまだ早いなどと思わずにすぐにケアを始める事をおすすめします。

ケアはここに気を付ける

肌の老化が進む主な原因は紫外線にあります。紫外線は肌を乾燥させます。肌表面だけでなく真皮層にまで届くものもあります。しみやしわ、たるみなども引き起こします。夏以外でも毎日ケアが必要です。冬や雨の日でも紫外線がないわけではありません。家の中に居ても百パーセント紫外線から肌を守れません。毎日少しの油断が重なるとある時に一気にダメージが表面化する可能性があります。日焼け止めやファンデーションをきちんと塗る事が大切です。日傘や帽子、スカーフを利用するのも良いです。化粧品はエイジングケア効果の高い成分が入った物を選ぶ事が重要です。しわやたるみは皮膚を支えるコラーゲンやエラスチンなどが減少し劣化した事が原因です。コラーゲン生成を促すビタミンc誘導体が入った化粧品が効果的です。ビタミンc誘導体にセラミドやヒアルロン酸が加わると更に効果があります。ビタミンc誘導体は色々な効果がありますが保湿効果はありません。高い保湿効果を持つセラミドやヒアルロン酸も入った化粧品を使うと優れたエイジングケアとなります。