敏感肌は化粧水の成分で治る|低刺激の商品で負担を軽減

ビタミンc化粧品で美肌に

化粧品を持つ女の人

美容の味方・ビタミンc

ビタミンcが美しい肌のために欠かせない成分であることはよく知られています。メラニン色素の沈着を防ぎシミをなくす、血行を促進してくすみのない肌にするなど、その嬉しい働きは多岐にわたります。しかし、このビタミンcは人間の体内で作り出すことができないため、毎日食物やサプリメントで摂り入れる必要があるのです。しかも体に吸収されにくい性質があり、摂取後2〜3時間後には尿として排出されてしまいます。ビタミンcの効果を十分に得るためには、1度に大量に摂取するのではなく数度に分けて摂り入れるのが得策でしょう。さて、このようにビタミンcのパワーは食品として体内に吸収することが長年の主流でした。美容効果の高いビタミンcを化粧品にしようと研究が重ねられても、浸透力の低さ、成分の不安定さから製品化するのが難しかったからです。しかし近年、ようやくビタミンcを人工的に改良し、化粧品として有効な成分を作り出すことに成功したのです。それが「ビタミンc誘導体」です。

毎日のスキンケアに

ビタミンc誘導体は、化粧水や美容液など様々な化粧品に配合されるようになりました。メラニン色素の生成を抑える働きから、特に美白効果の高い化粧品として人気を博しています。多くの商品の中から選ぶ際に注目してほしいのは、その濃度です。含有濃度が3%以上のものが単体利用でも効果があるとされています。しかし濃度が高ければいいというものでもなく、5〜6%を超えると刺激になってしまう恐れもあるので注意が必要です。効果的な使い方は、洗顔後の肌に掌で優しく押さえるようにして浸透させることです。そしてビタミンc誘導体の入った化粧品を使う際には、保湿力のある美容液やクリームを併用することが大切です。ビタミンcのパワフルな美容効果をスキンケアでも得られるようにしてくれるのが、ビタミンc誘導体です。毎日積極的に使うことで美しい肌を手に入れましょう。